登録販売士が教えるLDLコレステロールを下げる方法

MENU
スポンサードリンク

LDLコレステロールを下げる方法〜正常値にするには〜

登録販売士が教えるLDLコレステロールを下げる方法

健康診断で、悪玉コレステロール(LDL)の数値が高いと注意されたら、まずは、自分の数値が基準・警告・異常のどれに当てはまるのかを知る事が病気を防ぐ上で大切です。

 

基本的にLDLコレステロールを下げるには運動を食生活の改善が必要となります。しかし急に生活習慣を変えるのはとても大変で、人によってはストレスとなります。

 

今の生活習慣を維持しながら対策できるのが「サプリメント」です。サプリを飲む習慣をプラスするだけで、健康になれるなら素晴らしいですね。

 

LDLコレステロールの基準値

コレステロール基準値(旧)
  • 正常値…60〜119mg/dl
  • 注意値…220〜300mg/dl(高コレステロール血症、脂肪肝、糖尿病、痛風の疑いも)
  • 300以上(高コレステロール血症、脂肪肝、糖尿病、ネフローゼ症候群などの可能性)
  • 130以下(低下するにつれて、貧血、慢性肝炎、急性肝炎、肝硬変などの可能性)

 

登録販売士が選んだ、DHA・EPAランキング!

 
1日あたりのDHA・EPAの量
購入しやすい価格
飲みやすさ

登録販売士がおすすめする商品の中で、上記3つを考えてランキングを作りました。
すべて健康食品の有名メーカーなので、安心して使用できます。

 

DHA&EPAオメガプラス

みやび

DHA&EPAオメガプラスの特徴

「血液サラサラにしたい!」「健康診断が不安・・・」そんな人に、長期間にわたって利用しやすい安全性が高い品質と、価格が実現したサプリです。

放射能検査と、水銀検査を行っているから、安心ですよ。

価格 通常価格1,851円→定期コース1,666円
評価 評価5
備考 1日あたりのDHA:520mg  EPA:260mg
DHA&EPAオメガプラスの総評

健康食品の有名メーカーである、「みやび」が作ったDHAサプリです。「亜麻仁油」「アスタキサンチン」「クリアオイル」などの天然成分にこだわり、体に足りないDHA・EPAを補い、体を健康へと導いてくれるサプリです。

イマークS

イマーク

イマークSの特徴

「イマークS」は魚が苦手な人でも「DHA・EPA」を体に入れやすい、ヨーグルト味のドリンクタイプです。1日1本継続することで、中性脂肪を低下させます。
中性脂肪が増えると、LDLコレステロールが増えてしまいます。このドリンクは、LDLコレステロールが増える前に、減らすこという効果が期待できます。

価格 通常価格3,000円→お試し価格1,000円
評価 評価4
備考 1日あたりDHA:260mg  EPA:600mg
イマークSの総評

「運動をする時間がない人」「お酒をよく飲む人」「つい食べ過ぎてしまう人」におすすめのドリンクです。 特定保健用食品として、多くの人に利用されています。

DHA&EPA+サチャインチ
DHA&EPA+サチャインチの特徴

「DHA&EPA+サチャインチ」は、ソフトカプセルに成分を閉じ込めているから、魚臭さは感じません。血液をサラサラにしながら、サチャインチがDHAの働きをサポートし、成分が酸化するのをふせぎます。

価格 通常価格2,160円 初回限定1,080円
評価 評価4
備考 1日あたりのDHA:302mg EPA:100mg
DHA&EPA+サチャインチの総評

手頃な購入しやすい価格で、品質管理も保証されているGMP認定工場で製造されているから安心です。考える力、記憶する力もサポートしてくれるから、「物忘れ」などが出てきた、年配の方にも、おすすめしたい商品です。

 

LDLコレステロールについてのコンテンツ

サプリメントの効果

サプリメントでLDLコレステロールをコントロール

LDLコレステロールを下げるのに、サプリメントも上手に活用したいものです。

 

LDLコレステロール降下作用のあるサプリメントとしては、DHA・EPA含有のもの、セサミン含有のもの、食物繊維含有のものなどがありますが、自分の状態に合ったものを選ぶことが重要です。

 

サプリメントの効果詳細ページへ

EPA・DHAは本当に効く?

EPA・DHAの効果

EPA・DHAは、LDLコレステロールによる体の酸化や血管の詰まりを改善してくれるほか、血管に沈着したコレステロールも回収してくれる効果もあります。

 

EPA・DHAは本当に効く?詳細ページへ

 

コレステロールを下げる運動の仕方

LDLコレステロールを下げる運動

LDLコレステロールを下げるためには効果的な運動を取り入れなくてはなりません。

 

運動はどのようなものでもいいというのではなく、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的だとされています。

 

コレステロールを下げる運動詳細ページへ

食事でコレステロール数値を下げる

食事でLDLコレステロールを下げる

LDLコレステロールを下げるには食事を改善するということが第一に求められます。理由はコレステロールは口から摂取されることにより体内における量が増えるからです。

 

LDLコレステロールを下げる食事としておすすめなのが、食物繊維をたっぷり含んだ野菜やフルーツを摂取するという方法です。

 

コレステロール数値を下げる食事詳細ページへ

食物繊維の働き

食物繊維はLDLコレステロールに効果的

食物繊維は、血糖値の上昇を抑制するだけでなく、LDLコレステロールを下げる効果も高いのです。特に水溶性食物繊維が有効です。

 

水溶性食物繊維が豊富な食材には、納豆・山芋・かぼちゃ・じゃがいも・こんにゃくなどがあります。

 

食物繊維の働き詳細ページへ

LDLコレステロールとは

LDLコレステロールの詳細

LDLコレステロールの数値は、正常値60〜119mg/dlの範囲内が正常値とされ、注意値220〜300mg、300mg以上は何らかの疾病が関わっていると考えられます。

 

LDLコレステロール値の上昇は、沢山の疾病に関連しているとされており、特に脳梗塞や心筋梗塞などの深刻な病気を引き起こすので、高値の場合は早急に改善する必要性があります。

 

LDLコレステロール詳細ページへ

コレステロールとストレスとの関係

LDLコレステロールとストレスの関係性

LDLコレステロールはストレスでも増加します。ストレスがあると私たちの体は副腎皮質ホルモンを分泌します。

 

その材料となるコレステロールが大量に肝臓で合成されることでLDLコレステロールが増えてしまうのです。

 

コレステロールとストレスとの関係詳細ページへ

肝臓とLDLコレステロールの密接な関係

LDLコレステロールと肝臓の関係

体のエネルギーである中性脂肪は主に肝臓に蓄えられ、この中性脂肪が多くなりすぎると脂肪肝となり肝機能を低下させます。

 

また、中性脂肪が多くなるとLDLコレステロールが多くなるという関連性があります。

 

更に、肝臓の機能が低下すると、代謝が鈍り体の栄養素が体内に停滞しやすくなります。コレステロールも体内に停滞しやすくなる為、LDLコレステロール値を上昇させてしまうのです。

 

肝臓とLDLコレステロールの関係詳細ページへ

コレステロールを上げる食事

LDLコレステロールを上げる食事

LDLコレステロールを下げるには、コレステロールを多く含む食材の摂取を制限するという方法が一番効果的です。

 

しかし、体内エネルギー量が低下しすぎてもコレステロールは増えてしまう為、基本的にはバランスよく摂取することが求められます。

 

コレステロールを上げる食事詳細ページへ

LDLコレステロールは低すぎても問題?

LDLコレステロールは、高すぎると動脈硬化や、脳梗塞などの病気の原因となりますが、低すぎても健康な状態とは言えません。

 

LDLコレステロールの数値が低くなるにつれ、栄養障害、貧血、肝臓の病気などの可能性が高くなるのです。

 

LDLコレステロールは低すぎても問題?詳細ページへ

LDLコレステロールは様々な体の不調や病気の原因となる

LDLコレステロールと聞くと、何だか良くないもののように思ってしまいますが、実は私たちの体にとっては、とても大切な役目をもっているものなのです。

 

コレステロールには、LDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類があり、特にLDLコレステロールは、悪玉コレステロールなどとも呼ばれて、悪者扱いです。

 

でも、肝臓から血管を通して体の隅々に、細胞膜やホルモンなどの原料になるコレステロールを運ぶという重要な役目を果たしてくれているのです。

 

そんな重要な任務のあるLDLコレステロールが、なぜ「悪玉」などと呼ばれるようになったのでしょう。それは、血液中にLDLコレステロールの量が多くなると、様々な体の不調や病気の原因となってしまうからなのです。

 

大切なのは、適正量を維持することです。

スポンサードリンク