EPA・DHAはLDLコレステロールに効く?

MENU
スポンサードリンク

LDLコレステロールにEPA・DHAは本当に効くのでしょうか?

 

LDLコレステロールにEPAやDHAは効くのか?

EPA・DHAはLDLコレステロールによる体の酸化や血管の詰まりを改善します。また、血管に沈着したコレステロールも回収してくれるために、LDLコレステロールを降下させる作用があります。

 

油を手で触るとヌルヌルと滑りがよくなりますよね?

 

それと同じようにEPA・DHAを摂取すると、血液の流れを良好にする働きにより、血液が皮膚表面や末端まで流れるようになります。

 

血液が全身に行き届くと、コレステロールが末端の毛細血管で使われやすくなり、血液中のコレステロールが減少します。さらに、血管に付着しているLDLの塊なども肝臓に戻す働きがあるので、LDLを下げるのに効果的です。

 

EPA・DHAはLDLから血管を守る

LDLコレステロールが血液中に多くなると、血管にへばりつき、その状態が続くと血管壁を硬化させます。いわゆる「動脈硬化」という状態を作り出す原因となります。

 

LDLコレステロールにEPA・DHAは効くのか?

また、コレステロールが細い血管に詰まると、血液の流れを止めてしてしまうことがあります。心臓や脳などの重要器官の場合、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす恐れがあります。

 

EPA・DHAを摂取すると、血液の流動性が増すため、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げるということが明らかにされています。

 

EPA・DHAなどのサプリメントは補助的に

LDLコレステロールにEPA・DHAは効くのか?

EPA・DHAなどのサプリメントは確かに体質改善に有効ですが、日頃の不摂生のつけを全て帳消しにしてくれるという万能薬ではありません。

 

あくまでも補助的な役割しかしないということを肝に銘じておく必要があります。

 

基本的には食事の節制と運動、ストレスの軽減、規則正しい生活習慣、飲酒の制限などをしっかり見直すことを行うようにしましょう。

 

不摂生な生活を送る方におすすめなサプリメント

 

EPA・DHAの摂りすぎは逆効果

 

EPA・DHAが体にいいといっても、摂りすぎは逆効果です。実際に、EPA・DHAを摂りすぎてしまうと、逆にLDLコレステロールが上がってしまうというデータがあります。

 

基本的には食事などで肉類や乳製品、菓子類などからコレステロールの摂取を制限するようにして、それでも下がりにくい場合にEPA・DHAを用法容量を守って摂取するようにします。

 

摂取エネルギー量が大事

折角EPA・DHAを摂取していても、総カロリー数が多いとLDLコレステロールの降下作用は期待できません。

 

その理由としては、血中及び肝臓で中性脂肪が増えてしまい、中性脂肪の増加がLDLコレステロールを増やす原因となってしまうからです。

 

よって、単純にEPA・DHAを摂ればいいというのではなく、摂取するカロリー量なども考えて体質改善に取り組むようにするといいでしょう。

 
スポンサードリンク