抗酸化作用とLDLコレステロール

MENU
スポンサードリンク

抗酸化作用はLDLコレステロールの悪影響を緩和する

抗酸化作用はLDLコレステロールの悪影響を緩和する

LDLコレステロールが多すぎると、高血圧や脳梗塞、心筋梗塞などのリスクを高めることが知られていますが、抗酸化作用を取り入れることによってその悪影響を低減させることができます。

 

LDLコレステロールの悪影響の一つとしてあるのが、血管の硬化作用です。コレステロールは本来血管の材料となる栄養素ですが、その量が過剰だと血管壁にこびりつきます。

 

こびりついたコレステロールは時間の経過と共に酸化して血管壁を硬化させ、高血圧や静脈瘤、血管の梗塞などを引き起こす原因になります。

 

このようなコレステロールの酸化による悪影響を抑制する作用があるのが抗酸化作用です。文字通り酸化を抑制するという作用により、血管壁にこびりついたコレステロールの酸化を抑制します。

 

抗酸化作用は人間が本来持っている作用

抗酸化作用と聞くとグリーンスムージーなどを思い浮かべる方が多いかと思いますが、本来は人の体に備わっている機能であり、その働きによって人の健康は維持されています。

 

この本来持っている抗酸化作用の機能を向上させるには、普段より運動などを適度に行い酸化反応を誘発することや、逆に機能が低下している時はゆっくり心身を休めるというようなメリハリのある生活を送るということがポイントとなります。

 

抗酸化作用のある飲食物

「人が本来持っている抗酸化作用」を高めるための生活習慣を送っていたとしても、食べ物やストレスによるLDLコレステロールの増加、アルコール、たばこなどの影響で酸化反応が抑制されない時は飲食物の力を借りる必要があります。

 

抗酸化作用が高い飲食物
  • 赤ワイン
  • バナナ
  • プルーン
  • アボカド
  • 納豆
  • ナッツ類
  • にんにく
  • 大豆
  • うなぎ
  • 人参
  • キャベツ
  • トマト
  • ブルーベリー
  • かぼちゃ
  • いちご
  • レモン
  • じゃがいも
  • ブロッコリー
  • 生姜
  • そば
  • 緑茶

これら飲食物を適度に毎日の献立に加えることによって酸化を抑制することができます。特に、ストレスや日焼け、脂肪の多い食事などをした後は積極的に摂取した方が良いでしょう。

 

特に抗酸化作用を積極的に利用した方がいい方
  • 喫煙者
  • 閉経後の女性
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 肥満傾向の方

LDLコレステロールが酸化されて血管壁に障害が引き起こされやすい方がいます。こうした方の場合、コレステロールが酸化されやすいので、コレステロールを多く含む高脂肪食や甘いものの量を減らし、抗酸化作用のある飲食物を積極的に摂取することをおすすめします。

 

スポンサードリンク