レシチンのLDLコレステロール抑制効果について

MENU
スポンサードリンク

レシチンのLDLコレステロール抑制効果

レシチンがLDLコレステロールを抑制する仕組み

レシチンがLDLコレステロールを抑制する仕組み

レシチンは大豆や卵黄に含まれている不飽和脂肪酸をいい、LDLコレステロールを低下させる効果があることが分かっています。

 

コレステロールは肝臓に戻されることによって血液中の量が減るのですが、血液中から肝臓に戻される際にリポタンパク質と結合している必要があります。

 

レシチンはこのコレステロールとリポタンパクとを結合させる接着剤のような役割を果たしていることから、コレステロールが肝臓へ取り込まれる作用を高める効果があるのです

 

レシチンのコレステロールによる悪影響を低減させる作用

悪玉コレステロールであるLDLコレステロールが増えると、血管壁にこびりついて血管を硬化させ、高血圧や血管の梗塞、剥離などの原因になります。

 

レシチンには界面活性作用があることにより、コレステロールや脂肪が血管壁にこびりつくのを防ぐ効果があります。

 

また、すでにこびりついてしまったコレステロールを溶かして掃除するという役目も持つことから、血管を柔軟にしたり、血圧を下げるという効果も期待することができます。

レシチンはストレスの低減効果もある

レシチンには細胞を活性化させるという作用があるので、脳の機能を安定させてストレスを低減させるという効果があることが分かっています。

 

コレステロールは抗ストレス作用のあるステロイドホルモンの材料になることから、ストレスを感じると血液中のコレステロール量が増えてしまいます。

レシチンが多く含まれている食材

 

レシチンを多く含む食材

  • ごま油
  • コーン油
  • 小魚
  • レバー
  • ウナギ
  • 枝豆
  • ピーナッツ
  • 小麦粉

レシチンは先ほど挙げた大豆や卵黄に多く含まれていますが、その他にも以下に挙げる食材にも多く含まれています。もちろん、大豆製品である豆腐やきな粉、おからなどにも豊富に含まれています。

 

栄養の摂取はバランスよく

レシチンがコレステロールの抑制に効果があるとはいっても、毎日沢山の卵を食べていたのでは逆効果となってしまいます。

 

レシチンのコレステロール抑制効果を得るには、基本的にバランスよく献立を考え、そこに少しずつレシチン食品を加えていくという考え方が大事になります。

 
スポンサードリンク