LDLコレステロールと食物繊維の関係

MENU
スポンサードリンク

LDLコレステロールを抑制する食物繊維

LDLコレステロールには食物繊維

食物繊維を摂取すると血糖値の上昇を抑えるというのは有名です。実はそれ以外にもLDLコレステロールを下げるという効果も併せ持っています。

 

食物繊維といえば、一般的に野菜や果物に含まれている不溶性食物繊維が有名ですが、芋や豆類に多く含まれている水溶性食物繊維もあります。

 

違いは水に溶けるか溶けないかですが、LDLコレステロールを下げるのに有効なのは、水に溶ける水溶性食物繊維です。

 

水溶性食物繊維は胃に長時間留まるという性質を持っており、消化がゆっくりとなります。それにより脂質や糖質が吸収されにくくなるということが関係しています。

水溶性食物繊維を多く含む食材

LDLコレステロールを下げる食べ物

  • オクラ
  • 納豆
  • 大麦
  • 山芋
  • かぼちゃ
  • キャベツ
  • じゃがいも
  • こんにゃく
  • サトイモ
  • 昆布
  • ワカメ

食物繊維を摂取するとLDLコレステロールが下がる理由

食物繊維を摂取すると消化が遅くなり、同時にコレステロールの吸収も遅くなります。食物繊維は消化されずにそのまま排出されますが、その時に脂質や糖質なども一緒に絡め取って排出されます。

 

よって、絶対的なコレステロールの吸収量が減少するので、LDLコレステロールが低下します。また、食物繊維を摂取すると、腸内に分泌された胆汁酸も一緒に絡め取って便として排出するという作用があります。

 

LDLコレステロール

胆汁酸はLDLコレステロールを原料として生成されていますが、排出されると再び小腸より吸収されて再び肝臓に戻るという経路をたどります。

 

ここで食物繊維が豊富にあると、消化器官内にある胆汁酸を絡め取り便として排出させますので、肝臓は再びLDLから胆汁酸を生成しなければなりません。

 

よって、LDLを減少させることに繋がるのです。

 

食物繊維を摂取するにあたっての注意点

食物繊維は、LDLコレステロールを下げるのに非常に有効なものの一つです。

 

しかし、胃腸が弱い方などは、消化器官への負担が増えるので胃もたれを引き起こしてしまい、不快症状を引き起こす原因になってしまいます。

 

胃腸が弱い方は摂取にあたって注意が必要です。

スポンサードリンク