LDLコレステロールを減らす酢の効果について

MENU
スポンサードリンク

酢はLDLコレステロールを減らす?

酢は代謝効果をアップさせてLDLコレステロールを下げる

酢は代謝効果をアップさせてLDLコレステロールを下げる

酢は体内に貯蔵されている脂肪酸をエネルギーに変換させて燃焼させるという作用があることから、脂肪酸を原料としている中性脂肪やコレステロールの減少に効果があるということになります。

 

実際に酢を摂取した群と何も摂取しない群とで比較した実験によると、酢を摂取した群の方が優位に血液中のコレステロール値が低下していたというデータが出ています。

 

 

酢はLDLコレステロールの悪影響を低減させる

血液中にコレステロールが増えすぎると、血管が硬化して高血圧や静脈瘤、心筋梗塞などの病気を作り出す原因になります。

 

酢には抗酸化作用があることから、摂取することによりコレステロールによる血管の硬化を抑制するという効果を期待することができます。

 

更に、酢には血管を拡張させる効果や血液の流動性を高める効果があるので、血管の硬化によって発生する、高血圧や心筋梗塞などの各種疾患の抑制にも効果があります。

 

どの酢がLDLコレステロール改善に効果的?

LDLコレステロールの抑制に有効なのはリンゴ酸や酢酸などの食酢です。

 

クエン酸が有効だというデータもありますが、脂肪酸の分解には食酢の方が有効だということが分かっているので、食酢を利用するようにしましょう。

 

酢が苦手な人におすすめのサプリ

 

その他、酢の健康効果について

  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 疲労改善効果
  • カルシウムの吸収をよくする効果
  • 血流改善効果
  • 尿路結石予防効果
  • 尿酸値改善効果
酢を利用する際に注意すること

このような作用がある反面、赤血球を壊してしまうという作用や、胃腸の粘膜を弱らせてしまう作用などがあるので、貧血や胃腸が弱い方などは注意して摂取する必要があります

 

また、尿をアルカリ性にする作用があるので、尿道炎や膀胱炎などの尿路感染症がある場合には、尿による殺菌作用が低下することによって症状の悪化を招くことがあることから、一時的に酢の摂取するのをやめるようにしましょう。

 

以上のようなメリット、デメリットを踏まえつつ、適度に摂取することが健康を守る秘訣です。

 

スポンサードリンク