ストレスを抑制することがLDLコレステロール低下に繋がる

MENU
スポンサードリンク

ストレスを抑制することがLDLコレステロール低下に繋がる理由

ストレスを抑制するとLDLコレステロールも下がる

ストレスを抑制するとLDLコレステロールも下がる

人はストレスを感じるとストレスによる害を低減させようとステロイドホルモンを分泌させます。

 

コレステロールはこのステロイドホルモンの材料になるので、ストレスを感じると合成が高まり血液中に放出される量が増えます。

 

このような関連性があるので、ストレスを低減させることによってLDLコレステロールも抑制できるのです。

 

ストレスはLDLコレステロールの害を大きくする

LDLコレステロールが増えすぎると血管壁にこびりついて血管を硬化させたり、血流を阻害したりするという害がもたらされますが、そこにストレスが加わると更にその弊害が大きくなります。

 

人はストレスを感じると血管の細胞が障害されて、血管が収縮しやすくなったり、炎症が引き起こされやすくなったりして血栓が生成されやすくなります

悪玉コレステロールことLDLコレステロール

 

このような反応により、LDLコレステロールによる血管への悪影響を助長させてしまうのです。

 

LDLコレステロールが高く、日々のストレスも強く感じているという場合には、血管への悪影響が非常に強くなっている状態なので注意が必要です。

 

ストレスは血糖値の上昇と高血圧をもたらす

LDLコレステロールが高くなる原因となるストレスは血糖値の上昇や高血圧の原因にもなる

ストレスは交感神経を刺激して血管を収縮させて高血圧を招き、更に血液中に糖を増やし血糖値を上昇させます。

 

高血圧や高血糖があると、血液中のコレステロールが酸化しやすくなり、血管の硬化を促進させる要因になります。

 

ストレスはLDLコレステロールの上昇を招くだけではなく、慢性病である高血圧や糖尿病の原因にもなります。

 

更に動脈硬化を促進させてしまうという様々な悪影響を体にもたらします。

 

ストレスによるLDLコレステロール増加を抑制する方法

ストレスを抑制させてLDLコレステロールの増加を抑制する方法としては、有酸素運動を適度に取り入れるという方法が一番効果的です。

 

ウォーキングやヨガ、ストレッチ、ジョギング、サイクリング、水泳などの方法があります。

 

特に体を伸ばす作用のあるヨガやストレッチは、血管の硬化を抑制する一酸化窒素の分泌を高めるという作用があるので、LDLコレステロールによる弊害を抑制するという意味では効果的といえます。

スポンサードリンク