LDLコレステロールを下げる運動

MENU
スポンサードリンク

LDLコレステロールを下げる上手な運動の仕方

 

LDLコレステロールを下げる運動

LDLコレステロールを下げる手段として運動があります。

 

とてもいい方法の一つですが、やり方を間違えると逆にLDLコレステロールを上げることにもなりかねません。

 

基本的には運動負荷を上げてエネルギー源であるコレステロールを燃焼させるという方法は有効ですが、体にとってストレスとなる運動をやりすぎるとマイナスになる場合があります。

 

以上を理解して、運動を上手にコレステロール管理に役立てる方法を紹介します。

 

LDLコレステロール値を下げる運動

LDLコレステロールを下げるためには、HDLコレステロールを増やす運動が有効ですが、そのためには、有酸素運動がいいでしょう。

 

有酸素運動とは体内が無酸素状態とならない、呼吸があまり乱れない運動をいいます。
例えばウォーキングやスロージョギング、サイクリング、水泳などが挙げられます。

 

これら有酸素運動を毎日の日課として、継続して行うことがコレステロールの数値を正常に保つのに有効です。

代表的な有酸素運動

LDLコレステロール

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • サイクリング
  • スキーやスノーボード
  • ゴルフ
  • エアロビクス
  • 水泳
  • アクアビクス

 

LDLコレステロール値を上げてしまう運動

逆にLDLコレステロールを上げてしまう運動は、無酸素運動と呼ばれるものです。

 

無酸素運動は体にとってストレスになり、そのストレスがステロイドホルモンの需要を増やすので、結果的にその材料となるコレステロールが血液中に増えてしまうのです。

代表的な無酸素運動
  • 各種筋力トレーニング
  • ダッシュを要求されるスポーツ
  • 短距離走
 

LDLコレステロールと運動の関連性

 

LDLコレステロールと運動

実は運動を行っても、直接的にLDLコレステロールを下げるという効果はもたらされません。コレステロールが燃焼して数値が減少するということはないのです。

 

しかし実際にはLDLコレステロール値は下がります。

 

それは有酸素運動を行うことにより、善玉コレステロールであるHDLコレステロール値が上昇することで、間接的にLDLコレステロール値が下がるからなのです。

 

HDLコレステロールとは、血液中から余分なコレステロールを回収するという役目を果たすコレステロールです。善玉コレステロールが増えるということは、結果的にLDLコレステロールを下げるのに役立つことになります。

 

 

スポンサードリンク